低スペックのパソコンのOSをwindows7からlinuxに変更したので複合機が使えるか試してみました。
コピーは、複合機だけで出来ます。
プリンターとスキャナーは、パソコンと接続しないと使えません。
なので、linuxでできるか試しました。
結論は、linuxでプリンターとスキャナーは使えます。
手順を記載しましたので、是非ご覧ください。

動作環境

低スペックパソコンです。
  • CPU: Intel Celeron M 1.30GHz
  • メモリ: 512M
  • OS: kona linux 4.0 black
  • 複合機: EPSON PX-045A
本プログもこの環境で作成しています。
この低スペックパソコンに興味のある方は、以下の記事を参照してみてください。

ドライバインストール

linuxでもwondowsと同様にプリンターおよびスキャナーのドライバーが必要になりますのでインストールします。

epson-driver-DL

製品名を入力し、虫眼鏡のボタンを押して検索すると以下が表示されます。

px-045a-DL

上から順番にダウンロードしていきます。

①ESC/P Driver (full feature)のダウンロード

ダウンロードボタンを押すと以下が表示されます。

printer-1同意前

「同意する」ボタンを押すと以下が表示されます。

printer1-同意後

環境に合ったドライバを選択します。
今回は、OSがdebianで低スペックの32bitマシンなので上から2番めのi386.debをダウンロードするのでボタンを押します。

DL画面

ダウンロード方法の画面が表示されるので、「プログラムで開く」「GDebi パッケージインストーラー(…」のままOKを押せばインストールまで完了できます。

②Epson Printer Utilityのダウンロード

①と同様の手順でインストールまで完了できます。

③All-in-one packageのダウンロード

「同意する」ボタンを押すまでは、①と同様の手順です。
「同意する」ボタンを押すと以下が表示されます。

scaner-同意後

「Package Download Page」をクリックすると以下が表示されます。

iscanDL

環境に合ったドライバを選択します。
今回は、OSがdebianで低スペックの32bitマシンなので一番上のダウンロードボタンを押します。
以下が表示されます。

scanerDL画面

「ファイルを保存」を選択し、OKを押します。
保存先を訪ねてくるので、適当なディレクトリに保存します。
これでダウンロードが完了したのでインストールします。
  • ターミナルを起動します。
  • 保存したファイルは、圧縮されているので解凍します。
  • ターミナルから保存先へ移動します。($cd)
  • 以下のコマンドで解凍します。
  • $tar -zxvf iscan-bundle-1.0.4.x86.deb.tar.gz
  • 解凍したら、インストールシェルのディレクトリに移動します。
  • $cd iscan-bundle-1.0.4.x86.deb
  • インストールシェルを実行します。
  • $sudo ./install.sh
    これでインストールが完了します。
  • 再起動します。
  • CUPSのインストール

    ※CUPSは、デフォルトでインストールされています。
    CUPS(Common Unix Printing System)は、UNIX系のOSに必要な印刷システムであるため、インストールします。
    ①CUPSのダウンロード
    debian PACKEGESのページにアクセスします。
    下の方に以下が表示されるので、環境に合ったアーキテクチャを選択します。
    今回は、i386をクリックします。

    cup-DL

    クリックすると以下のミラーサイト一覧が表示されるのでどれかをクリックします。

    ミラーサイト

    ミラーサイトをクリックするとダウンロード方法の画面が表示されるので、「プログラムで開く」「GDebi パッケージインストーラー(…」のままOKを押せば、インストールまで完了できます。

    ミラーサイトDL

    印刷サービスの開始

    ※デフォルトで印刷サービスは、開始しています。
    デフォルトで印刷サービスは、停止しているので開始します。
    「メニュー」→「システムツール」→「印刷サービス開始/停止」を選択します。
    印刷サービスのポップアップが表示されるので、「Yes」を押します。
    再起動すれば、有効になります。

    プリンターの追加

    windowsと同様にプリンターの追加作業が必要となります。

    プリンターの接続

    プリンターの電源を入れて、パソコンと接続します。

    印刷設定

    「メニュー」⇢「設定」⇢「印刷設定」を選択すると印刷設定の画面が表示されます。

    印刷設定

    既にプリンターが追加されているはずです。
    これでプリントが可能となります。
    先程インストールしたCUPSで作業を実施します。 ①CUPSの起動 ターミナルからcupsを起動します。 $sudo service cups restart ②プリンターの追加 GUI(ブラウザ)からCUPSを使って、プリンターを 追加します。 ブラウザを立ち上げて、http://localhost:631に アクセスします。以下の画面が表示されます。

    CUPS-GUI

    「プリンターとクラスの追加」クリックすると管理画面が表示されます。

    CUPS管理

    「プリンターの追加」をクリックするとプリンターの追加画面が表示されます。

    プリンターの追加

    追加したいプリンターを選択します。今回は、EPSON PX-045Aを選択して、「続ける」をクリックすると新しいプリンターの追加が表示されます。

    新しいプリンターの追加

    「続ける」をクリックするとプリンターのモデル確認画面が表示されます。

    プリンターモデル

    追加したいプリンターのモデルを選択します。今回は、EPSON PX-045Aを選択して、「プリンターの追加」をクリックします。
    プリンターオプションの設定画面が表示されるので必要であれば変更して、「デフォルトオプションの変更」をクリックします。プリンターの状況画面が表示されるので、設定完了です。

    プリンターの状態

    これでプリントが可能となりました。

    スキャナーの設定と起動

    スキャナーの設定

    スキャナーの設定は、以下のファイルの編集します。
    ファイル:/etc/sane.d/dll.conf
    編集内容:
    「epson2」を「#epson2」と変更
    「epkowa」を追加
    編集したら、パソコンを再起動します。

    スキャナーの起動

    スキャナーの起動手順を示します。
    「メニュー」→「グラフィックス」→「Image Scan! for Linux」でスキャナー画面が立ち上がります。

    iscan

    これでスキャナーが可能となりました。

    複合機の設定しようよ

    必要なドライバと印刷システムをインストールすれば、linuxでEPSONの複合機を使うことはできます。
    linuxでも安心して、プリンターとスキャナーが使えますので設定してみてください。