q4osの「3.10」が公開されたのでインストールしてみました。
3.9とisoのサイズの変化はないです。(ほぼ)
3.9に興味のある方は以下の記事を参照してみてください。
では、本題の「3.10」に入ります。
3.9より良い点がありましたので示します。

desktop

試した低スペックPC

試したパソコンのスペックを示します。
  • CPU: Intel Celeron M 1.30GHz
  • メモリ: 512M
本プログもこの環境で作成しています。
この低スペックパソコンに興味のある方は、以下の記事を参照してみてください。

日本語化

3.9から良くなった点です。
「3.10」をインストール後、ログインします。
あとは、「japanese languageをインストールしますか」みたいなポップアップが英語で表示されるので、「ok」を押すだけです。

簡単簡単。。。

日本語入力

これも、3.9から良くなった点です。
インストール作業はありません。
デスクトップ右下の「キーボード」アイコンを右クリックします。
プルダウンメニューから「設定」を選択します。
「入力メソッド設定」画面が表示されます。
次の3項目があります。
  • キーボード-英語(us)
  • キーボード-日本語
  • Mozc
「キーボード-英語(us)」を削除します。
あとは、ログアウトしてログインすれば完了です。
すばらしい。。。

※2020.5.1
q4os 4 の testing version ですが、64bit版しか公開されてないです。
32bit版が公開されるかわかりませんが。。。

q4osがイチオシなので期待してます。。。

※2020.5.13
q4os 3.11が公開されました。
試してみたので、興味のある方は以下の記事を参照してみてください。