LiveCDの部屋様からMX Linux 19が公開されました。
64bitしかないので、32bitがあるか確認してみました。
公式ページにありました。
mirrorsからダウンロードして試してみました。
ただし、デスクトップはXfceなのでモッサリな動きです。
簡単にLXDEをインストールできるのでチャレンジしました。
理由は、パソコンが超低スペックであったためです。
このパソコンに興味のある方は、以下の記事を参照してみてください。
日本語化も必要になりますので記載しました。
では、ご覧ください。

mx-xfce

日本語化と日本語入力

日本語化と日本語入力にするには、「MX Package Installer」を使います 。
メニューから起動しましょう。

japanese

上のようにチェックを入れて、インストールしましょう。

辞書ツール

日本語化だけだと力不足なので、辞書ツールもインストールします。
日本語化と同様に「MX Package Installer」を使います 。

dictionary

上のようにチェックを入れて、インストールしましょう。

LXDE化

ここからが本題です。
と言っても、超簡単です。
これもまた、「MX Package Installer」を使います 。

MX Package Installer

上のようにチェックを入れて、インストールしましょう。
インストールしたら、ログアウトします。
ログアウトしたら、以下のように「LXDE」を選びます。

set-lxde

はい。LXDEが起動しました。

LXDE

壁紙を設定していないので、真っ黒ですね。
気が向いたら設定します。

XfceとLXDEの比較

では、XfceとLXDEのメモリ比較です。
想像はつくと思いますが。。。
デスクトップ メモリ使用量
Xfce 246.2M 144.7M
LXDE 178.2M 104.0M
XfceよりLXDEの方が、軽量なのは一般的ですね。
思ったらより、メモリを使ってますね。
まぁ〜プリインストールが多いから、そんなもんかな。。。
失礼。数時間使ってみたら、安定してきました。
メモリ使用量が少ないですね。
実際のタスクマネージャーの結果を示します。

Xfce
xfce-mem3

LXDE
lxde-mem3

使ってみた感じ

MX Linux 19は、debian 10(buster)ベースです。
LXDEにしてみたのですが、低スペックPCでは、少々重いかな。。
。。。低スペックPCでもサクサク動く、debian 10ベースのディストリがあります。
失礼。。。MX Linux 19は、超おすすめです。
でも、q4osもいいよ。興味のある方は、以下の記事を参照してみてください。
※2020.4.20
MX Linux 19.1 がリリースされています。
試したので興味のある方は、以下の記事を参照してみてください。