なにげなく、「OS 軽量」と検索していました。
そこで「q4os」という文字が目にとまりました。
バージョンは、3.9です。
すごく気になったのが、ベースが「debian 10」です。
「kona linux 5.0 black」のインストールに失敗したベースです。。
理由は、パソコンが超低スペックであったためです。
このパソコンに興味のある方は、以下の記事を参照してみてください。
しかし、インストール用isoのサイズを比べると違いすぎる。
ディストリビューション isoサイズ
kona linux 5.0 black 1.70G
q4os 3.9 0.45G
これなら、インストールできるかも。
結論。。。インストールできました。
ただ、かなりコンパクトにしているため、すんなりいきませんでした。
興味のある方は、ご覧になってみてください。

q4os

インストール失敗と対策

では、インストールを始めます。
SOURCEFORGEから、isoファイルをダウンロードします。
②UnetbootinでisoファイルをUSBに焼きます。
③USBを起動し、「classic install」を選んでインストールを実施。
途中で、「カーネルが古いから失敗するよ。」みたいなメッセージが。

やっぱり、だめか。。。

試しに、Unetbootinではなく、「rufus」でUSBに焼きました。
理由はわかりませんが、インストールできました。
※2019.11.3
紹介した「rufus」は、windows用です。
Linuxの場合は、ddコマンドを使いましょう。
ターミナルからのコマンドイメージを示します。
>sudo dd if=./q4os-3.9-i386-instcd.r1.iso of=/dev/sdb bs=4M && sync

日本語化

q4osは、ドイツ生まれです。
私の好きなLinux Mintもドイツ生まれ。
日本語化が必要なのは、しかたないですね。
では、進めます。
①パッケージマネージャーからインストールします。

Welcome screen

「Welcome screen」の「Install Applications」をクリックします。

Software Centre

「Software Centre」が開くので「Synaptic」をダブルクリックします。
少し待てば、インストールが完了します。
②日本語化のパッケージをインストール
「Synapticパッケージマネージャー」を起動します。

Synaptic

右側の「検索」をクリックします。
小さい検索画面が表示されるので「fonts-vlgothic」と入力し、「検索」ボタンをクリックします。

search-vlgothic

「fonts-vlgothic」が一覧に表示されます。
右クリックで「インストール指定」を選択します。
次に「適用」ボタンをクリックします。

vlgothic-apply

ここで「Apply」をクリックすれば、インストールできます。
ログアウト / ログインすれば、日本語化できます。

日本語入力

日本語入力は、日本語化と同じように以下のパッケージをインストールします。
  • fcitx-mozc

ntfsのマウント

Windowsを使っていて、パーティションがntfsの場合があります。
その場合、以下のパッケージがないとマウントできません。
日本語入力は、日本語化と同じように以下のパッケージをインストールします。
  • ntfs-3g

今後について

debian 10(buster)ベースのディストリビューションは、いくつかリリースされてます。
本低スペックPCでインストールできたのは、q4osだけです。
今後も使っていこうと思います。
本記事もq4osで書いてます。。。
※2019.10.14
無線lanを使う場合、そのままでは自動で接続されません。
wicdというネットワークマネージャーをインストールしました。
あとは、自動接続の設定をするだけです。