Live CDの部屋様から32bitのディストリビューションがリリースされました。
それは、軽量で有名なbasixです。
しかもベースが、debian 10「buster」です。
低スペックでもサクサク動くことが期待できます。
試してみたので、ご覧ください。

その前に、ubuntuベースのbasix 4.0についても試しています。
問題があったので、興味のある方は以下の記事を参照してみてください。
では、本題に入ります。

basix

試した低スペックPC

試したパソコンのスペックを示します。
  • CPU: Intel Celeron M 1.30GHz
  • メモリ: 512M
本プログもこの環境で作成しています。
この低スペックパソコンに興味のある方は、以下の記事を参照してみてください。

Live USBの起動

basix DE 1.0のLive USBは、起動できます。
ただし、パソコンが非PAEの場合は、起動パラメータの指定が必要です。
起動パラメータに以下を指定してください。
「forcepae」

basixのインストール結果

悲しい結果となりました。
インストーラーを起動すると以下の内容が表示されました。

ins-ng

「システムには十分なワーキングメモリがありません。少なくとも1GB必要です。」

げっ! メモリ512MBしかないよ。無理だー。

今後の予想

basix以外でもdebian 10ベースのディストリは、低スペックPCだとインストールできないでしょう。
debian 9やubuntu 18.04ベースのディストリで頑張るしかないですね。
また、別のディストリがリリースされたら、ダメ元で試してみます。

※2019.8.25
もう1つのXPパソコンで試してみました。
  • PC名:Panasonic Let's note CF-Y5KW8AXR
  • CPU:Core TM Duo 1.50 GHz
  • メモリ:1.5GB

このパソコンは、液晶ディスプレイが壊れたのであまり使っていません。
TVに繋げて使ってますので、興味のある方は、以下の記事をご覧ください。
PanaのXPパソコンは、メモリ1GBの条件を満たしています。
問題なく、インストールできました。

basix-OK

動きが軽くていい感じです。

メモリ512MBでも、使えそうな気がするのだが。。。