Linux Mint 19.2 Tina がリリースされました。
公式では、以下の3種類のデスクトップだけです。
  • Cinnamon
  • MATE
  • Xfce
非公式ですが、以前のバージョンでLXDEを試してます。
  • Linux Mint 19 Tara
  • Linux Mint 19.1 Tessa
とても軽くて使いやすいです。

Linux Mint 19 Tara のインストールについては、以下の記事で紹介しています。
興味のある方は、覗いてみてください。
同じく、Linux Mint 19.1 Tessa のインストールについては、以下の記事で紹介しています。
興味のある方は、覗いてみてください。
19.2 Tinaも非公式のLXDEを試す予定ですが、リリースを待ってられないです。
ダメ元でXfceを試してみました。
では、ご覧ください

mint-19.2

試したPCのスペック

試したPCのスペックです。
  • CPU: Intel Celeron M 1.30GHz
  • メモリ: 512M
  • HDD: 80G
本ブログも低スペックPCで書いてます。
興味のある方は、以下の記事を参照してみてください。

Linux Mint 19.2 Tinaの種類

公式には、以下の3種類しかありません。
  • Cinnamon
  • MATE
  • Xfce
公式ページで確認できます。
Edition 必要メモリ(推奨) 必要ディスク(推奨)
Cinnamon 1G(2G) 15G(20G)
MATE 1G(2G) 15G(20G)
Xfce 1G(2G) 15G(20G)

19.2 Tinaのインストールで得たこと

スペック的にダメ元ですが、Xfceを試してみました。

Live USBの起動

Live USBは、非PAEのパソコンでは、「Default」で起動できません。

usb起動

上から4番目の「Start with PAE forced」を選びます。
後は、インストーラーに従えばよいです。
言語で「日本語」を選べば、日本語化の作業もありません。
最後にインストール&再起動後の無負荷状態を示します。

mint-19.2-task

やはり、無負荷でメモリを半分近く使うので、キビシイですね。