低スペックPCですが、Windows10でコンパクトOSを試してみました。
パソコンを高速化させるのは、非常にワクワクしますね。
方法は、タイトルの通りOSをコンパクト化するだけです。
結論としては、残念な結果となりました。
コンパクトOS化と戻し方についても記載したので、ご覧ください。

HDD

コンパクトOSとは?

コンパクトOSとは、Windows10の起動を高速化する機能です。
仕組みは、以下となります。
①OSを圧縮してメモリへのロード時間を短縮する
②ロードしたOSを解凍する

理論上、①の時間は短縮される。
ただし、②は逆に負荷となる。

実施環境

コンパクトOSを試したPCのスペックを示します。
  • CPU Celeron Dual-Core B830 1.8Ghz/2コア
  • メモリ 6GB
  • HDD 320GB
PCの詳細は、以下のページに記載してます。
興味のある方は、参照してみてください。

コンパクトOS化の実施

①圧縮状態の確認
まず、OSの圧縮状態を確認します。
ターミナルから以下のコマンドを投入。
>compact /compactos:query
実行結果は、以下です。

圧縮状態

「システムは圧縮状態ではありません。Windowsにより、圧縮はこのシステムとって効果がないと判断されました。」

やっぱり、低スペックだと意味ないのか〜。。。
でも試してみよ。。。

②圧縮の実施
ターミナルから以下のコマンドを投入。
>compact /compactos:always
実行結果は、以下です。

圧縮完了

正常に圧縮されましたね!


ビフォーアフター

OSの圧縮前と圧縮後の起動時間をそれぞれ3回収集しました。
以下に結果を示します。
起動時間 ビフォー(秒) アフター(秒)
1回目 57 145
2回目 68 130
3回目 57 145
残念な結果となりました。
起動時間が2倍以上も悪化しました。
良い結果が得られなかったのでOSを元に戻します。
ターミナルから以下のコマンドを投入。
>compact /compactos:never
実行結果は、以下です。

圧縮解除

これで、元通りです。

高性能PCで試してみては

Windows10のコンパクトOSは、起動時間を短縮するための機能です。
ただし、Celeronレベルの低スペックでは、効果を発揮しません。
OSの圧縮状態を確認するコマンドで効果の有無が確認できます。