パソコンを使っていると重要なデータ、普通のデータ、いらないデータがあります。
なるべく安くデータをバックアップするメディアを示します。

DVD


<目次>

1. 重要データに使うメディア

重要なデータに使うバックアップのメディアを示します。

【条件】
●なるべく安い
●信頼性が高い

【選択肢】
●USB-HDD
●USBメモリ
●DVD-R

【私の判断】
私の経験を元に示します。
USB-HDDとUSBメモリは、お金がかかる割に壊れたことがあります。
なのであまり良いイメージはありません。

対して、DVD-Rは良いです。
安い。
バックアップデータは、何度も使うものではないので、大切に保管しておけば、信頼性は高いです。

よって、重要なデータは、DVD-Rに焼いて大切に保管してます。

2. 普通のデータに使うメディア

まず、普通のデータの定義を示します。
【定義】
重要なデータとして、DVD-Rに焼いたもの。
要は、無くなってもよいデータです。

【条件】
●絶対無料
●信頼性は、低い

【無料のメディア】
●無料のストレージ
これしか思い当たりません。

【私が使っているストレージ】
●Google Drive(15GB)
●Yahoo! ボックス(5GB)
●MEGA(50GB)

当然無料です。
これだけ容量があれば十分でしょ!!

cloud


【私の苦い経験】
以前、DVD-Rに焼いていないデータを以下のストレージに置いてました。
●ADrive

このストレージが突然終了しました。
メールで終了する通知があったのですが、見落としてたよ〜。

重要なデータは、DVD-Rに必ずとっておきましょう。

3. いらないデータに使うメディア

いらないデータは、バックアップする必要はないですね。
さっさと消しましょう。


☆関連ページ