Live CDの部屋様」から久しぶりに32bitのディストリビューションがリリースされたので試してみました。
すんなりいかなかったので、問題と対策を示します。

natureOS-screenshot


<目次>

1. パソコンのスペック

パソコンのスペックを示します。

PC:FMV-BIBLO BIBLO NB55K
CPU:1.3GHz
RAM:512MB

本ブログもこの低スペックパソコンで書いてます。
興味のある方は、以下のページを参照してみてください。

2. 問題①と対策

【問題①】
問題というか情報になります。
natureOS 4.0は、デフォルトで「Num LK」がONになってます。
要は、「jkl」と打つと「123」になってしまいます。

いろいろなディストリビューションを試しましたが、初めての経験です。

【対策】
対策としては、「Shiftキー + Num LKキー」で解除できます。

パソコンに依存するので、「Fnキー + Num LKキー」の場合もあります。

3. 問題②と対策

【問題②】
これも、問題というか情報です。
natureOS 4.0は、非paeに対応していません。

私の低スペックパソコンでは、そのままだと、LiveCD起動はできません。

【対策】
LiveCDの起動時に、「forcepae」のパラメータ入力が必要となります。
詳しくは、以下のページに記載していますので興味のある方は、参照してみてください。

4. 問題③と対策

【問題③】
これは、問題です。
natureOS 4.0をインストールし、起動してみました。
すると、splash画面が永遠と流れ、デスクトップ画面が表示されませんでした。

【対策】
調査したところ、なんと「/home/ユーザー名」配下が空でした。
インストールは、成功してたので原因不明です。

この対策は、暫定というか仮となってしまいます。
natureOS 4.0は、ubuntuベースです。
私は、同じubuntuベースのbasix 4.0を運用しています。
試しにbasix 4.0の「/home/ユーザー名」配下をすべてコピーしたら起動できました。

5. 問題④と対策

【問題④】
これも問題といか情報になります。
natureOS 4.0を起動後、「ソフトウェアの更新」を実施したのですが、容量不足で出来ませんでした。

パーティションの容量は、以下です。
/(ルート):6GB
/home:2GB

/(ルート)の容量が足りないようです。

【対策】
natureOS 4.0の起動中では、パーティションの変更はできません。
私のメインOS(kona linux black 4.0)で起動し直してからGpartedで以下のように変更しました。

/(ルート):7GB
/home:1GB

これで、「ソフトウェアの更新」が無事にできました。
めでたし。めでたし。

☆関連記事