2019年1月に発表されたBCNランキングでプリンター売上げNo.1となったのは、EPSON PX-049A です。
その理由を独自に示します。

<目次>
1. PX-049Aの魅力
2. 画質と人間の目
3. まとめ

1. PX-049Aの魅力

PX-049Aの魅力を独自に示します。
 
①価格

なんといっても価格でしょう。
とにかく安い。
5千円程度で、買えちゃいます。

②機能

安いのに複合機。
プリンターだけではく、スキャナーもできます。
もちろん、コピーもOK。

こういったところでしょう。。。

※ちなみに私は、PX-049Aの前機種
PX-045Aを5年使ってます。
現役バリバリです。

2. 画質と人間の目

PX-049Aは、安いだけで画質が悪いのではないかと思われる方がいるかと。。。

そんなことはないです。

とてもきれいに印刷できます。
スキャナーも写真のように読み取れます。

では、なぜそうなのか?示します。

①人間の目は、そんなに優れていない

人間の目は、多少の画質の悪さがわからないのです。

そのことを利用して、jpeg(静止画)やmpeg(動画)が開発されています。

jpegやmpegを簡単に説明すると人間の目では、認識が難しい(できない)情報を省く技術です。

よって、きれいな画像を小さいサイズ(情報)で表現できるのです。

※この時代の流れで、アナログからデジタルへ移行していきました。

アナログ デジタル
カメラ フィルムカメラ デジカメ
テレビ アナログ放送 デジタル放送
   

②カートリッジの本数の違い

EPSON(他もそうかな?)では、インクカートリッジで4本と6本を扱うプリンターがあります。

①で示したように人間の目では、ほんの少し明るさが違うかな?くらいの差しかないです。

※人間の目は、画像認識について優れていませんが、人に影響を与える目力は、すごいです。

3. まとめ

EPSON PX-049Aは、コストパフォーマンスに優れていてとても良い複合機です。

画像、映像は、アナログからデジタルに移行し、時代は変化しています。
これからの5年、10年先は、さらに加速して変化していくでしょう。
車の完全自動運転化、宇宙旅行、さまざまなAI化。。。

☆関連記事