linuxが大好きなので、ディストリビューションを2つ楽しめるデュアルブートにしてみました。
debian系は、kona linux 4.0 black
ubuntu系は、Basix 4.0
同じ系列のディストリビューションだと全滅の可能性があるためです。
デュアルブートするのは、少々面倒くさいです。
ただ、1度構築してしまえば、良いことばかりなので試してみては如何でしょうか。
実施した環境と良い点、悪い点を紹介しますのでご覧ください。

ファーストブート kona linux 4.0 black

4.0black

セカンドブート Basix 4.0(kona linux風)

konafu

動作環境

動作環境を示します。
  • パソコン:FMV-BIBLO NB55K
  • メモリ:512MB
  • HD:80G
  • OS①:kona linux 4.0 black
  • OS②Basix 4.0(kona linux風)
  • 無線lan:BUFFALO WLI-UC-GNM
HDのパーティション構成は、後ほどGpartedで示します。
ここでは、バックアップパーティションの詳細を示します。
緊急用に、現用のバックアップは保存してます。
  • kona linux 4.0 black:sda8/sda9
  • Basix 4.0(kona linux風):sda6/sda7
付け加えて、sda8/sda9の復旧用に以下のディストリビューションをバックアップしてます。
  • kona linux 3.0 balck
  • LMDE 3.0(kona linux風)
パソコンの詳細については、以下の記事に記載しております。
興味のある方は、参照してみてください。

デュアルブートのデメリット

デュアルブートにしたら、デメリットはないです。
ですが。。。
デュアルブート化するまでが、少し面倒くさいです。
シングルブートで運用していれば、セカンドブートのための、パテーティションを構築する必要があるかもしれません。
私の場合は、ゼロから再構築しました。
以下が Gparted 画面です。ご参考までに。

Gparted

簡単に各パーティションの紹介です。
  • sda1:バックアップ保存用
  • sda6:Basix 4.0(kona linux風)のroot
  • sda7:Basix 4.0(kona linux風)のhome
  • sda8:kona linux 4.0 blackのroot
  • sda9:kona linux 4.0 blackのhome

Gparted が示す通りです。

デュアルブートのメリット

複数のディストリビューションが楽しめる

デュアルブートにしておけば、2つのディストリビューションで楽しめます。
「そんなのライブCD(USB)でデキるじゃん。」と思いますよね。。。

私だけかもしれませんが、ライブだけではダメなんです。
ハードディスクにインストールして確認してみないとココロが満たされないのです。
動きが違うし、問題が出てくるケースが多々あります。
その問題を解決することが楽しいのであります。

ソフトウェア故障に強い

これは、一般的ですね。
片方のディストリビューションの問題で起動できなくなったとしても、もう一方で起動できる可能性はあります。
ハードウェアの故障は、諦めてください。

調査、復旧が楽チン

これも、一般的。
片方のディストリビューションの問題で起動できなくなったとしても、もう一方で起動すれば、調査、復旧が容易にできます。
調査については、私の環境で説明するとBasixに問題があったとして起動できない場合、kona linux を起動して、Basixのrootやhomeにアクセスして、調べれば良いのです。
以下のファイルマネージャーを起動すれば、簡単にアクセスできます。
kona linuxから起動したものです。

fileManager

問題について、調査してもわからない場合、あらかじめバックアップをとっておけば、復旧する方法も考えられるでしょう。
これも簡単にできます。
バックアップと復元の手順は、以下の記事で紹介してます。
興味のある方は、参照してみてください。

デュアルブートしようよ

デュアルブートにしてしまえば、良いことばかりなので面倒くさがらずにトライしてみては。