kona linux 4.0 black で接続できていた無線lanがつながらなくなりました。
問題と対処について報告します。
問題は、次の2点です。
  • インストールの手順ミス
  • kona linix自体の問題
すでに問題は解消されてますので、kona linuxは使えます。
本記事も4.0 blackを使って投稿してます。
本事象について、内容を残しておきたかったので示します。
さらっと、目を通して見てください。

4.0black

問題が発生するまでの作業内容

kona linux 4.0 black で無線lanがつながらなくなるまでの作業内容を示します。
①パッケージの更新
ターミナルから以下のコマンドを投入
>sudo apt-get update
>sudo apt-get upgrade
>sudo apt-get dist-upgrade
②kona linux 4.0 blackを起動
無線lanの接続確認NG

今まで繋がっていたのにいきなり繋がらなくなりました。
このあと数回、再起動しても現象変わらず。。。

問題の原因

以下のコマンド投入が原因です。
>sudo apt-get dist-upgrade
dist-upgrade は、以下2点を実施します。
  • パッケージのupgrade
  • 新パッケージのパッケージに対する依存関係の変更

この依存関係の変更がよろしくないです。

問題の対処

バックアップを取っておいたので、復旧させました。
手順について、次の記事を参照してみてください。

バックアップがなければ、再インストールしたほうが安全だと思います。

今後について

dist-upgradeのコマンド投入を禁止します。
また、パッケージのアップデートは、kona linux様の自動アップデートのみにお任せします。

※追記 2018年11月4日
kona linux 4.0 blackですが、dist-upgradeをヤメても無線lanが繋がらなくなりました。
他に原因があるようです。
無線lan子機は、以下です。
BUFFALO WLI-UC-GNM
kona linux 4.0 light でも同じ結果でした。
無線lanが不安定な原因は、特定できておりません。
ただし、デュアルブートのlinux mintでは、無線lanが安定しているので無線lan子機の原因では無いようです。
また、ドライバも同じものを使っているため、kona linuxとの相性かと考えます。
とりあえず、同じdebian(stretch)でLXDEのlinux mintを使います。

※追記 2018年12月9日
無線lan接続不可の問題は、kona linux様の問題でした。
すでに対処されております。
確認もしており、4.0 black を使っています。