LMDE3をインストールしましたが、タッチパッドでクリックが効かないので対処してみました。
LMDEは、Linux Mint Debian Edition のことです。
Linux Mintは、ubuntuをベースにしてます。
Debianをベースにしたものが、LMDEとなります。
そのLMDEは、タッチパッドでクリックが効きません。
結論として、対処できてますので、参考にしてみてください。
では、ご覧ください。

LMDE3

タッチパッドの状況

LMDE3インストール後のタッチパッドの状況を示します。
①カーソルの移動はできる
②タッチしてもクリックができない

クリックボタンは有効であるが、押すと「カチッカチッ」うるさい。


タッチパッドのクリック有効化

では、タッチパッドのクリックを有効にしていきましょう。

①「synclient」で設定情報の確認
ターミナルから以下を実施します。
>synclient -l

synclient-l

エラーだ!
コマンドがない。
xserver-xorg-input-synapticsをインストールしろと。
では、インストールします。

ターミナルから以下を実施します。
>sudo apt-get install xserver-xorg-input-synaptics

install

では、改めて「synclient」で設定情報の確認
ターミナルから以下を実施します。
>synclient -l

synclient-l2

Couldn't find synaptics properties. No synaptics driver loaded?

synapticsのプロパティが見つからない。synapticsドライバーをロードしてないって。
よくわからん。
LMDE3を再起動しよ。

では、またまた「synclient」で設定情報の確認
ターミナルから以下を実施します。
>synclient -l

synclient-l3

動いた!。OK。

②タッチパッドのクリック設定
ターミナルから以下を実施します。
>synclient TapButton1=1

synclientTapButton1

おっ!。クリック効くようになった!!

③コンフィグに設定追加
再起動すると設定が消えてしまうので以下のファイルをエディタで編集します。
「/etc/X11/xorg.conf」

xorg

これでおしまい。