LMDE 3のLXDE版が公開されたのでインストールしましたが、問題があったため報告します。
問題は、以下です。
  • 無線lanが繋がらない
対処方法について記載しています。
また、インストールの注意点もありましたので参照してみてください。

LMDE3

PCのスペック

超低スペックPCです。
  • CPU: Intel Celeron M 1.30GHz
  • メモリ: 512M
  • HDD: 80G
本ブログもこの低スペックPCで書いてます。
興味のある方は、以下の記事を参照してみてください。

LMDE 3のインストール

LMDE 3とは、Linux Mint Debian Editionのバージョン3です。
公式では、Cinnamonのみが公開されています。
公式ページで確認できます。
ですが、私のパソコンでは、メモリがぜんぜん足りません。
以下の記事で紹介したLinuxMintUsers.deでLXDE版が公開されたので試してみました。

LXDE版のスペック情報に以下が記載が???

・1 GB RAM (2 GB empfohlen für eine komfortable Nutzung)

RAM 1G必要で2G推奨だって。誤記ですね。
LXDE版なのにありえん。
とりあえず、進めます。

インストール手順は、どのディストリビューションもほとんど変わらないので割愛。
ですが、1点だけ注意。
インストール完了後、再起動を促され実施するとブラックアウトし、そのままの状態が続きます。
試しに「Ctrl + Alt + Delete」キーの同時押しで進むことができました。
インストール、起動後の画面です。

LMDE3

日本語化は、LIinux MInt 19 Teraと同じなので以下の記事を参照してみてください。
起動後の状況は、メモリ使用量が107MB。超軽い。

タスクマネージャ

問題内容

LMDE3を使ってみましたが、問題が起きました。
なんと無線lanがつながりません。
(有線は、ケーブル挿せばOKです。)
とりあえず、ターミナルから iwconfig 実施。

iwconfig

んっ!! wlan0がない。。。
調査開始。。。
Qiita様のページに情報がありました。
ありがとうございます。
FedoraやCentOS7 のネットワークインターフェース名変更 - Qiita
※参考ページが消えました。あしからず。。。
NICの名称が変更になったらしい。
げっ、3年以上前の話だ。
「wlan0」から「wln + MACアドレス」に変更になったらしい。
とりあえず、対処してみよう。

対処方法

grubの修正

/etc/default/grub の GRUB_CMDLINE_LINUX に「biosdevname=0 net.ifnames=0」 を追加

grub

grub更新

ターミナルから「sudo update-grub」を実行
再起動後、無線lanが繋がりました。
再度、iwconfig実施

iwconfig2

wlan0 になってます。OK!!!。
やはり低スペックPCには、Debian + LXDE がやさしい。

※2019.10.21
LMDE 3は、タッチパッドが効きません。
対処してみたので、以下の記事に記載しました。
興味のある方は、参照してみてください。